2019/04/21
 祈り続けてきましたI姉の長老任職・就職式を執り行うことができました。本当に神様の不思議な摂理により、イエス・キリストの復活を祝うイースターの礼拝においてこのような式を行うことになりました。...
2019/04/12
今日は月に一度の聖書と賛美の集いです。私が短く聖書の話をして、あとはいっぱい賛美歌を歌います。そしてみんなで食事をいただきます。  今日の食事は、妻の準備したヘルシーな五穀ご飯と、Fさんが買ってきてくれたパンが並びました。...
2019/04/06
 今日はこれから、教会の方々と一緒に演劇を観に行きます。犬山教会がしばしば東京から招いている「兎団」という方々の劇です。普段は、東京の光が丘教会を拠点に活動しておられるようです。...
2019/03/31
 今日はI姉の長老任職に向けての試問会がありました。ここまで来るには、なかなかの労苦がありました。そしてこれからも、また多くの労苦があるのだろうと思います。...
2019/03/31
 先週の25日(月)から26日(火)まで、春日井教会を会場にして中高生キャンプを行うことができました。「恋愛のトリセツ~聖書が教える恋愛・結婚・性とは?~」と題して、春日井聖書教会協力牧師の水谷潔先生に講演をしていただきました。...
2019/03/09
 すずめのお宿ワークデイに参加しました。今日のワークは、すでに切り倒されている木を運び上げて燃やすことでした。午前中いっぱい、ひたすら木を運び続けました。太くて重い木は、のこぎりで短くして運べるようにします。午前中の2時間ほどのワークで、自分としては普段の1週間分ぐらいの運動になったのではないか、と思いました。つまり、それだけ普段は運動不足なわけです。  黙々と木を運んでいるうちに、今週から受難節に入ったことを思い出しました。受難節は、イエス・キリストが十字架に架けられたことを特に思い起こしながら過ごすときです。先日の高蔵寺教会の集会(聖書と賛美の集い)でも、マタイによる福音書27章32−44節を選んでお話ししました。イエス・キリストが、自分が架けられることになる十字架の横木を担いでゴルゴタまで歩いていかれるのです。  イエス・キリストのようには十字架を負いきれませんが、ワークで木を運びながら、ゴルゴタに向かうキリストの苦しみを思い起こしていました。どれだけ苦しく、厳しい道のりであったことでしょう。木を運びながら、自分も足がふらつき、倒れそうになりました。おこがましいとは思いながら、キリストの十字架の苦しみの一端を担っているような気になってきました。  しかしなんと言いましょうか、人間の限界ですね。午後も同じ作業をするはずだったのです。でも疲れすぎまして、午後はずっと火に当たりながら教会員と話をして過ごしました。人が負える十字架の苦しみとは、キリストの苦しみには遠く及ばないことを思うのでした。
2019/03/02
 遠方より朋来る、また楽しからずや。今朝はわざわざ高知から、S先生が来てくれました。なんでも、三河で調べ物があるから、ということで寄ってくれました。忙しい人なので、小一時間ほどの交わりでしたが、楽しいひと時でした。  かくいう私も、まだ明日の準備が終わっていません。ブログはこれぐらいにして、聖書を開くことにします。
2019/02/26
 久しぶりにOさんを訪問しました。...
2019/02/23
 今日は高蔵寺教会にて、中央線沿線地区長老会がありました。JR中央線沿いの教会から長老方が集まって、学びと交わりの時を持っています。私の好きな集まりの一つです。ですから、いわゆる治会長老でもないのに、私はなるべく出席するようにしています。...
2019/02/15
 明日は金城学院高校ハープ部の定期演奏会に行ってきます。6月になると思いますが、高蔵寺教会にハープ部の皆さんをお招きしてコンサートを開く予定です。そのために、顧問の先生にご挨拶もかねて出かけて行きます。今からワクワクするような、少し緊張するような、複雑な思いをしています。...

さらに表示する