記念会を前にして

 今日はIさんのお宅で記念会があります。今日の記念会で偲ぶ故人に私はお会いしたことはありません。それだけに、私には一層神妙な思いになる記念会です。信仰を持って神の国に凱旋された方ですから、いつの日か神の国で会うわけです。こうして、イエス・キリストにある信仰は、時空をも超えて私たちを結びつけています。そう考えますと、いよいよ信仰のあることの不思議を思いますし、そこには神の恵みの働きのあることを深く思わされます。