これも神の恵み

 昨日のことですが、久しぶりの方からメールが来ました。教会からの案内を送るたびに一筆書き添え、こちらからは時々「どうしてますか?」とメールを送っていた方です。しかしこの1年あまり、なしのつぶてであった方からのメールでした。

 状況が劇的に改善したということではないようです。そして、教会に行こうと思いながら、様々な事情で行くことができずにすいません、という内容のメールでした。すぐさま、返信しました。「あなたのことを覚えて祈って来ましたし、今日はクリスマスイブ賛美礼拝もありますから、よかったらおいでください。」

 その返信メールに対して、特に反応はありませんでした。結局、クリスマスイブ賛美礼拝に来られることもありませんでした。でもその方も、こちらのことを覚えてくださっていたのは間違いありません。そして何と言っても、神が覚えておられたに違いありません。

 その方が教会に来られたというわけではありませんから、神の恵みの報告というには、物足りないものかもしれません。でも私にとっては、決して小さな恵みではありません。いや、大きいか小さいかということではなく、神の恵みであるということに変わりありません。神の恵みであるのです。それで十分なのです。