メガネが来ました。

  メガネが来ました。22日に発送すると言われていたので、だいぶ早くできたことになります。

 かなり鮮明に見えます。テレビで言うと4Kから8Kになった感じでしょうか。と言いつつ、8Kテレビなんて持っていませんが。よく見えますが、まだ慣れませんね。特に手元、足元は何だかちょっとおぼつきません。

 ヨハネによる福音書9章には、生まれつき目の見えなかった人が、イエス・キリストによって見えるようにしていただいた話があります。ちょうど私も、メガネが新しくなって、見えるようになった盲人の人のような気持ちです。

 イエス様は言われました。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる」(ヨハネによる福音書9章39節)ファリサイ派の人は、「見える」と言い張るところに罪は残るとキリストから指摘されました。神の前にへりくだることが大切です。

 さて、メガネなしではよく見えない私も、神の国に入ったらメガネなしでもよく見えるようになるのではないか、と今から期待しているのです。いやいや、神の国に入れると思っているところに、罪は残る、と言われてしまうでしょうか? イエス・キリストを信じたのですから、神の国に入れることについては、疑う必要がないのです。この世にあっては罪を犯しますが、キリストにある赦しが無限であること。このことについては、やはり疑わないのです。キリストにある罪の赦し、救いを疑うところにこそ罪が残るのではないでしょうか。