長老任職に向けての学び

 定期会員総会で、新たに長老候補に選出されたIさんと勉強会を始めました。長老任職に向けた学びです。

 人が選んだのではなく、神が選ばれたのです。学びの時は、そのような神の召しを確認するときでもあります。私が治会長老に選ばれたわけでもないのに、学びの時には随分と緊張してしまいました。改めて、長老に召されることの重みを感じています。学びは1時間ほどで終わりますが、思った以上に神経を使っていたようで、一人になった時にはかなりグターッとなってしまいました。

 この学びは、まだ2回は続く予定です。どうぞ長老候補となった方のために、また私のためにもお祈りくだされば感謝です。繰り返しますが、神の召しを受けるということは、実に重いことです。